私が体験したムダ毛の処理について

初めてムダ毛を処理したいと思ったのは、小学校高学年の頃。
ふと周りを見るとみんな、自分よりも薄い。
体育座りをしているときも足を眺め、溜息をつく毎日でした。
だけど、周りにムダ毛処理をしている人はおらず、ただただ「嫌だな。なんで自分だけ。」と思って居ました。

そうして中学校に入学をし、先輩とも仲良くなったり、恋もしたりしました。
その先輩の影響もあり、ムダ毛は処理しても恥ずかしくないんだと知りました。
親に内緒で処理をしましたが、すぐに気づかれ、そしてそれを親はニコニコ笑っていたのをすごく恥ずかしいと思っていました。

今現在やはり人よりも毛が濃く、脱毛したいではなく、しなくてはいけないな…と思うくらいです。
2日に1回は処理をしなくてはすぐに男の人の足の毛のような、毛深さになってしまいます。
冬などは処理を怠ると、靴の試着などで少し足が見えるだけで、自分でもビックリするような感じです。
今は脱毛が普通の世の中、早く脱毛デビューをしたいです。エステサロンのキャンペーンは、季節ごとに内容が変わります